乾燥肌のスキンケアで私が実施したこと

潤いが無く、小じわが目立つようになった

乾燥

夏が終わり、秋が深まってきた頃、朝鏡を見ると肌がざらついていたり、くすんでいたり、小じわやほうれい線が深くなっている気がしたのが乾燥肌が気になり始めたきっかけでした。

毎晩、風呂上りにオールインワンゲルをたっぷり塗り込んでいました。

塗った直後や寝るまでは肌はしっとりと潤っているのですが、翌朝起きると肌の乾燥や小じわやくすみ、ほうれい線が気になってしまいます。

朝、再びオールインワンジェルをたっぷり塗るとほうれいせんや小じわは再び気にならない程度になりますが、夕方疲れてきた利した時に鏡をふとみると朝より老けた自分が写っていてドキリとするようになりました。

夕方や寝起きの自分が老けているのではなく、こちらの姿のほうが本当なのかしらと思うようになりました。

オールインワンゲルが便利

若い頃からずっと使っていた化粧水を使っていたのですが、私の肌質が変化してきて合わなくなったのかと思い変えてみることにしました。

口コミで評判がよかった玉造温泉水を使ったオールインワンゲルを購入することにしました。
詳細はコチラ⇒これ一本でいいんです!

価格も手ごろだったし、「もちもち透明肌」といううたい文句にも惹かれたからです。

「しっとりなのにべたつかない」「あれこれやらないことも乾燥肌や敏感肌の対策になる」という紹介も納得でき、使いやすそうだなと感じました。

沢山の化粧水や乳液、美容クリームなどを使って乾燥肌対策をしっかりやりたいのですが、小さな子どもがいるので風呂上りや朝に子どもを追いかけまわしていて、あまり自分の肌に構っている時間が無いこともあって一本で沢山の役割をこなせるオールインワンゲルはぴったりでした。

肌が潤うようになってしわが目立たなくなった

宣伝文句どおり肌に馴染みがよく、しっとりとします。

しかし、べたつかず、塗りごごちがとても良いです。伸びがよく、少量でも顔全体がしっとりするので、適量がよく分かりませんでした。

しかし、価格が手ごろなので思いっきり使えるのがとてもいいです。

朝、鏡を見るのが楽しみとまではいえませんが怖くなくなりました。

ギョッとする程ほうれい線や小じわが目立つ朝はあまりありません。

くすみは相変わらずきになっていますが、使い続けていればまた変化があるのではと期待しています。

寝る前に塗ると朝起きて顔を触ってもザラッという感触がなく、しっとりの持続時間が長いのが嬉しいです。

しつこいにおいが無く、つけごこちがよく、価格が手ごろなのでこのまま使い続けたいと思います。

私の肌に必要なのはセラミドでした

乾燥肌に悩んでいた時は、どうして肌が乾いてしまうのかということを全く考えずに、ただ化粧水をたっぷりと塗ればいいと思っていました。


でも、お風呂上りにいくらしっかりと塗っても、数時間後には肌の突っ張りを感じてしまうようになってきました。

そこで、何か根本的に肌に何かが足りないと感じていたのですが、そのときに私が使ったオールインワンゲルには偶然セラミドが配合されていました。

あとで肌の乾燥のメカニズムについて調べてみると、原因はいろいろとあるのですが、基本的には角質層にあるセラミドという成分が不足してしまうことでした。

セラミドというのは皮膚の表面にある脂質のことで、この脂質が肌の内側になる水分の蒸発を防いでくれているのです。

しかし、加齢や肌トラブルなどの影響によって、肌に含まれるセラミドが減少していくと、どんどん水分が逃げていってしまうのです。

こうなると、いくら化粧水を塗っても意味がありません。

そのため、保湿をしっかりとやっているのに全く肌が潤わない、化粧水が浸透しなくなったと感じている方はセラミドの補給が必要なのです。

ただし、洗顔などのやりすぎによってセラミドが失われていることもあるので、コスメのみに頼るのではなく、しっかりと原因を自分なりに分析することも忘れてはいけません。

肌トラブルが起きた時は、なぜそうなったかをしっかりと考えて、自分に合った方法を選んでいくことが大切です。

ページのトップへ戻る / サイトマップ