アトピー体質による乾燥肌はどうしたらいいの?

どうすればいいかわからない

幼い頃からアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。

小学生の頃は人目につくようなひどい湿疹が出ていましたが、大人になるとその回数も少なくなってきました。

ただ、大人になってから残ったのは乾燥肌。

秋冬は顔全体が乾燥していて、あたたかい季節になってもどこか部分的に乾燥が気になる日があったり、年中通していつも乾燥肌が治りませんでした。

今日は肌の調子がいい!と思っても、鏡で口周りをよく見ると部分的にカサついていたり、いつもは皮脂が気になる鼻先がカサついていたり。

情報をいろいろ集めても「アトピー肌の人は肌が弱く、元々乾燥しやすい」という情報ばかりで、アトピーというだけで乾燥肌はどうしようもないのかなと思っていました。

洗顔料を使わない?

アトピーだから乾燥するのは仕方ないと思い、基本的な洗顔と化粧水、保湿液でのケアをしていました。

特に「乾燥肌向け」と書かれているものを意識して選ぶようにして、一番肌がパサついてしまう洗顔フォームや洗顔石けんを保湿力の高いものを買っていました。

しかし、思ったようには乾燥肌が改善することはありませんでした。

そんなときに見つけたのが「洗顔料を使わない」方法でした。

メイクを落とした後、洗顔フォームなどの洗顔料を使わずにお水やお湯だけで洗うというもの。

洗顔料を使うと本来肌が持っている皮脂や水分まで取り去ってしまうため、余計乾燥したり、またその乾燥肌を補おうとする肌が余計に皮脂を分泌したりする、というのです。

でも、それまで試したことのない方法はこの方法だけ。もしかしたら乾燥肌の自分自身には向いているのかもしれないと思いました。

勇気をもってやってみて良かった

メイク落としはそれまでオイルリキッドタイプのものを使っていたので、本当にお水やお湯で落としきれるのか…と不安になりましたが、とにかく挑戦してみることにしました。

まずいつも通りメイクを落とし、ぬるま湯でいつもの倍以上の30回以上顔を洗いました。

手のひらでこするというよりオイルを落とすことを意識しながら、お湯をパシャパシャと当てるように流しました。

正直なところ、オイルが残っているような気がして少し気持ち悪いような気もしましたが、タオルで優しく拭き取ると、程よいさっぱり感と、しっとりした感じも残っています。

洗顔料を使ったときに比べてパサつきがほとんどありませんでした。

その後は化粧水だけをつけて終了。それまでいろいろ使っても改善しなかったパサつきがなく、その日から洗顔料を使わないようになりました。

今では一年以上が経過しますが、今でもこの方法を続けています。

年中通して肌はほとんど乾燥しなくなりました。忘れた頃に口周りが乾燥することがありますが、部分的にクリームを塗って対処する程度になりました。

何より、洗顔の手間が減ったことやコストダウンにもつながって、自分の肌に合ったとても良い方法を見つけることができたと思っています。

ページのトップへ戻る / サイトマップ