簡単マッサージと保湿ケアの両方が大切

部分的に粉がふいて化粧のりが悪い

20代後半くらいから、お化粧をすると、口角の少し下あたりに粉がふき、明らかに乾燥していて化粧のりが悪く、頬なども粉吹きが気になり始めてました。

お化粧をしていない時は肌がどれだけ乾燥しているかわからない時があるけれど、ファンデーションをすると特にどの部分が乾燥しているのかが明確にわかります。

粉が吹いて、周辺の皮がはがれて荒れている状態が頻繁にあり、非常に気になります。

かといって顔全体が乾燥しているわけではなく、Tゾーンや小鼻はテカリます。

全体的に乾燥肌でないぶん、テカリのある部分と乾燥している部分が余計に分かれて目立ちやすく、すべすべにファンデーションを塗っている友達をみると自分の肌が貧相で気になって仕方がありません。

マッサージをすることで血行促進して肌を健康にする

極度に乾燥している部分があれば、テカル部分のあるということで、顔全体のコンディションをよくしなければいけないと思い、入浴中や入浴後に顔全体を手やローラーでマッサージをすることにしました。

というのも、依然テレビで、おなかや太ももをなどが痩せるようにマッサージをするローラーの機械を通販番組で特集をしていたときに、マッサージすることにより痩せるだけでなく、皮下の血流が良くなり肌が綺麗になるというのを聞いたのを思い出し、顔も、マッサージをすると老廃物の流れと血流が良くなり肌が改善させるのではないかと思ったからです。

リンパの流れに沿うように痛気持ち良い力でマッサージを毎日しています。

週1回必ず、古くなった角質を除去するジェルで顔をつるつるにします。

日常的には、洗顔後、化粧水パックをして、顔を十分に潤わせ、乳液をたたき込み、クリームでふたをします。

乾燥する部分は入念にクリームを塗り、とにかく顔が潤っていると実感できるように顔全体がモチモチするように心がけました。

表面的なケアも忘れずに実施

そういえば自分の顔も、粉ふきがひどく乾燥していたなと懐かしむほどに、乾燥とは程遠いような状況になっています。

忘れた過去になっています。乾燥肌でなくなった現在も、乾燥肌のころと変わらず同じ手入れをしていますが、やはり、マッサージは何よりも効果的であるように思います。

どんなに高い化粧水や乳液、クリームをしようしても、体内の部分から変えていかなければ表面からだけアプローチしたのでは一時的な改善で変化がなかったのではないかと現在実感しています。

マッサージすることで、顎のラインもすっきりするし、何よりも顔全体が軽くなっているように感じるほどスッとします。

血流などの流れが良くなったせいか、まったく粉ふきもしません。そして、絶対、肌を潤わせることを忘れてはいけないと思います。

ページのトップへ戻る / サイトマップ